圧倒的な高速開発を実現するクラウドプラットフォーム

システムの開発から運用までをワンストップで提供し、複雑な業務アプリケーションをより早く、より柔軟に構築できるローコードアプリケーションプラットフォーム(aPaaS)です。

システム開発におけるスピード・品質・コストの要求が高まる中

従来のシステム構築・開発にお悩みのあなたに!

システム部門の悩み

  • 従来のシステム管理で手一杯
  • ユーザー部門の要求スピードに十分に応えられていない
  • 苦労して構築したシステムが必ずしもユーザーに満足してもらえていない

ユーザー部門の悩み

  • 社内のシステム部門に頼めない
  • システムに対する要望をとにかく早く実現したい
  • ExcelやAccessでの情報管理に限界を感じている

従来のシステム構築における課題

作業及び工程の手戻り
上流工程で全ての要件や仕様を洗い出すことが困難であるため、必ず仕様の齟齬や漏れが発生します。そして、多くの場合、それはテスト工程以降に初めて露見され、設計・製造上の欠陥として大きな手戻りを発生させます。
要求レベルの高度化
近年では特に画面仕様における要求レベルがますます高度化してきており、従来のウォーターフォール型開発であっても、モックアップやプロトタイピング手法を採り入れ、早期に実際の画面を提示することが求められています。
技術的難易度
特にWEBの世界では新しい技術が日進月歩であり、環境構築や開発時に求められる技術者のスキルレベルが高くなってきており、計画時に想定した生産性がなかなか確保しにくいという状況が生まれております。

そんなあなたの悩みを解決するEZCraft

小さく始めて大きく育てるプラットフォームEZCraft

EZCraftは、従来のウォータフォール開発にも十分適用可能ですが、その性質上、プロトタイピングやアジャイル開発などの俊敏な手法にも馴染みます。
特に、要件が完璧に決まっていない状況から開発を着手していく場合など、アジャイル開発を適用して「小さく始めて大きく育てる」ための最適なプラットフォームです。

EZCraftの強み

圧倒的な生産性

Java等によるスクラッチ開発に比べ最大3倍(当社比)開発生産性を向上することができます。また、システムを構成する全ての要素がクラウド上に仮想化されており、保守・運用の工数も大幅に削減できます。

1ランク上のUI/UX

ピクセル単位で自由自在にレイアウト可能な、30種類以上の画面コンポーネントと柔軟なフォーム機能により、ネイティブアプリに匹敵する表現力とユーザビリティをブラウザ上で実現することができます。

抜群柔軟性と拡張性

デザインツールや設定画面を使用して、基本機能をノンプログラミングで作成し、アプリケーション固有のビジネスロジックは簡易スクリプト(TrueScript)により実現。アプリケーションに無類の拡張性と柔軟性を与えています。

EZCraftを開発に導入するメリット

実現イメージが湧きやすい

設計(場合によっては要件定義)の早い段階で、プロトタイプを速やかに作成し、動く画面での確認が行えるため、実現イメージが沸きやすく、仕様の齟齬を大幅に低減することができます。

品質向上に大きく貢献する

マクロ化、部品化された開発基盤により、技術者のスキルレベルに依存する要素が軽減され、結果として品質向上にも大きく貢献します。

ビジネスニーズに即応できる

現場のニーズやアイディアを素早く形にするための高速開発/実行基盤が、開発から運用までのライフサイクルを短縮し、圧倒的なスピードでアプリケーションの変更と拡張を容易にします。

システム部門のメリット

  • 高品質なシステムを効率的かつスピーディに構築可能
  • 開発プロジェクトのリスクを軽減
  • 内製化を強化可能

ユーザー部門のメリット

  • 動く「現物」で確認しながら、納得して使えるシステムを実現
  • インフラを意識することなく、すばやい業務改善への適用が可能
  • システム開発/運用にかかる投資を最小限に抑える

<こんなお客さまにもEZCraftはオススメです>

  • 老朽化した現行システムを、最小のコストで、できる限り速くWEB化、クラウド化したい。
  • パッケージのカスタマイズを検討したが、期間とコストがどんどん膨らみ、TCOがスクラッチ開発と変わらない。
  • 従来のプラットフォーム上で構築したC/SシステムをWEB化したいが、機能や操作性の劣化を最小限に留めたい。
  • スクラッチ開発のようなフルオーダーメイドも魅力だが、ビジネスの変化のスピードに追い付いていけるかどうか不安に感じている。
  • パッケージを検討しているが、FIT&GAPに時間とコストがかかり、選定に難航している。
  • システム開発の内製化を進めたいが、開発環境、開発言語などの教育コストがネックとなっている。

詳細機能

テーブル定義

GUIによりテーブル構造を速やかに定義して、即利用可能。複雑な結合テーブルもドラッグ&ドロップにより簡単に作成することができます。また、専用の階層テーブルにより、階層構造を持つ情報を容易に利用することができます。

テーブル定義 【ノーマルテーブル】

ノーマルテーブルのテーブル定義画面です。カラム名やデータイプに加え、使用する画面のコンポーネントの指定などができます。

テーブル定義 【ビューテーブル】

ビューテーブル(結合テーブル)のテーブル定義画面です。結合条件や表示項目など、全てドラッグ&ドロップ等のマウス操作で簡単に作成できます。

フォームデザイナ

自由にレイアウトできる各種コンポーネントと多様なプロパティ設定によるUI制御。さらに画面分割機能、位置揃え、タブ順指定、必須項目指定など柔軟な設定機能を有します。

フォームデザイナ

フォームデザイナではアプリケーションで使用するフォームをデザインします。ドラッグ&ドロップ操作によりコンポーネント(画面部品)をピクセル単位で自由自在に配置することができます。

フォームデザイナ 【プロパティ設定】

各コンポーネント(画面部品)には、様々なプロパティが用意されています。プロパティの設定を行うことで、アプリケーションに多彩な表現力を実現します。

簡易スクリプト(TrueScript)

豊富な機能を持つ50以上のビルトインオブジェクトを利用して、アプリケーション固有の処理ロジックを記述できます。スクリプトは、柔軟な検索機能とエラー検知機能を持った、使いやすい統合エディタ上で作成します。

TrueScript

EZCraftでは、TrueScriptと呼ばれる簡易スクリプトが用意されています。50種類以上のビルトインオブジェクトが用意され、処理ロジックを最小限の記述で実現します。

TrueScript 【検索機能】

柔軟な検索機能とエラーチェック機能を有する統合エディタが用意されています。

自動生成機能(EzCRUD)

定義済のテーブルを元に、一覧画面、詳細画面、スクリプトなど、完成度の高い一連の機能が自動生成されます。EzCRUD機能をテンプレートとして利用することで、初期開発時の生産性を大幅に向上させることができます。

EzCRUD 【テーブルの選択】

自動生成する画面の元となるテーブルを選択します。

EzCRUD 【カラムの選択】

対象のカラムを選択します。

EzCRUD 【自動生成された画面】

自動生成された画面例

レポートデザイナ(PDF出力)

データブレイク機能、各種ヘッダー、フッター機能を持つ柔軟な帳票を手軽に作成できます。また、帳票出力時のイベントから、スクリプトを利用して出力内容をダイナミックに変更することができます。

レポートデザイナ

各種ヘッダー、フッター、データブレイク機能を持つ高性能かつ柔軟な帳票を手軽に作成することができます。

レポートデザイナ 【プレビュー】

レポート出力時は、PDFファイルが生成されます。

データビュー

定義済テーブルのデータを即座に編集可能。また、標準のインポート/エクスポート機能により、CSV/Excelファイルのデータ入出力も簡単操作で実行できます。

データビュー

データビュー機能により、データを自由に編集できます。エクスポート機能を使って、データをCSVまたはExcelファイルに手軽に出力することができます。

データインポート

インポート機能は、CSV、Excelファイルのデータを簡単な操作で取り込むことができます。

高度なファイルI/O

独自のロジックを伴うような、複雑なデータファイルの入出力処理も、専用コンポーネントと簡易スクリプトの組合せにより、容易に実装することができます。

外部サービス連携

ネットワーク経由で、他システム/サービスとのデータ連携を行いたいとき、Web APIを使用した通信を行うための連携機能を提供します。

アクセス制御

ファンクション(機能)とロール(役割グループ)から権限を設定する汎用画面を利用してアクセス権限を管理し、アプリケーションから簡単に利用することができます。

アクセス権限

ファンクション(機能)とロール(役割グループ)を作成し、マトリックスにより権限を設定します。

ログ管理

アプリケーションで出力したログを、様々な検索条件により表示・解析することができます。

ログ管理

アプリケーションで出力したログを、様々な検索条件により表示・解析することができます。

本番環境へのリリース機能

クラウド上の開発環境で作成したアプリケーションは、管理者権限を持つユーザーにより本番環境へリリースすることができます。

ヘルプ/ヒント機能

開発時に多くの場面でボタンを押すことにより、目的のドキュメントへ直接ジャンプします。また、初期ユーザー向けにマウスオーバーで自動表示されるヒント機能が提供されます。

ヘルプ機能

ヘルプボタン(?)を押すことで、目的のドキュメントのページが開かれます。

ヒント機能

ヒント機能をONにすると、機能の説明がマウスオーバーで表示されます。

外部サービス連携による拡張性

企業のデジタルトランスフォーメーションを強力にサポート

よくあるご質問

EZCraftはプログラミングレスの開発プラットフォームですか?

機能にもよりますが、7割程度は画面設定のみで作成可能です。残りの3割はTrueScriptと呼ばれる簡易スクリプトでロジックを記述します。
その意味で、EZCraftは完全なプログラミングレスではなく、ローコード(Low-Code)プラットフォームと言えます。
他のプログラミングレスの開発基盤とどう違いますか?

アプリケーションには必ず固有のビジネスロジックが必ずあります。一般的に「アプリケーション固有」の部分をアドオン開発やカスタマイズ開発で実現しようとすると、想定外の大きな工数を要します。
EZCraftでは、固有のロジックを最小限のコードで実現できるよう、簡易スクリプトを用意することで、アプリケーションに拡張性と柔軟性を確保しています。
EZCraftでアプリケーションを作成するためには、どのようなスキル必要ですか?

データモデル(テーブル構成)を作成できるかがポイントになります。本格的なシステムではSQL文の知識は必要となります。
また、簡易スクリプトはJavaScriptベースのライブラリですので、JavaScriptの文法をある程度理解する必要があります。
システム設計は必要ですか?

EZCraftに限ったことではありませんが、仕様が複雑な場合はデータベース設計、機能設計を先に行ったほうが良いことが多いでしょう。
使い方をマスターするのに、どれくらいの期間が必要ですか?

これまでの経験やバックボーンにより個人差がありますので、一概に言及することができませんが、導入トレーニングやコーチング等のサービスメニューをご用意していますので、ご利用いただければ数日で一通りの機能をマスターすることができます。
定義済のテーブルの項目を後から変更できますか?

データ入力後でも項目の追加・変更・削除が可能です。パフォーマンスの低下も最小限に留めるようになっています。
対応ブラウザは何ですか?

現時点ではChromeに対応しています。Firefox、IE11、Edge、Safariにも順次対応予定です。

製品が気になった方へ

資料・パンフレットのご請求、ご不明点などのお問い合わせ・お申込みなどお気軽にお問い合わせください。

※EZCraftを提供する株式会社リンクレアの問い合わせフォームに移動します

運営会社について

株式会社リンクレア情報システムに関する各種コンサルテーションから、企画・設計・製造・保守まで、一貫したサービスをご提供する独立系システム創造会社。
本社
〒108-0075 東京都港区港南2丁目16番3号 品川グランドセントラルタワー23階
TEL 03-6821-5111(代)
代表取締役社長
皆川 芳之
資本金
5億7,500万円
社員数
561名(2017年3月31日現在)
認定資格
プライバシーマーク(JIS Q 15001:2006)
CMM(レベル3)
ISO/IEC 27001:2013(JIS Q 27001:2014 ISMS適合性評価制度)
WEBサイト
https://www.lincrea.co.jp/jp/